「不老超寿」

はい、こんにちは。ネオマです。梅雨の季節、蒸し暑いですね。

今回は、高城 剛の「不老超寿」のレビューです。

この本は、予防医学の観点から、自らが実験台になり、様々な最先端の検査を受けて、効果がある・なしの判定をしています。

特に興味深かったのが、食物アレルギー検査でした。

IgG検査・遅発性フードアレルギーの検査を自分も受けてみたいと思いました。

すぐにアレルギー症状が出るものではなく、数時間から数日後に症状が発症するアレルギー反応の食物を検査します。

陽性の食物を採らないようにしたら、体の調子が良くなったという報告があります。

自分の頭痛も、原因が不明なので、この検査で頭痛が出なくなれば、長年の懸念事項がなくなる可能性があります。

ただし、付け加えなくてはいけないことは、ネット情報ではアレルギー学会が認めている検査はIgE検査のみで、IgG検査は認めていません。そのため、保険適用外の自由診療ということになっています。

つまり、自由診療で受診して、運が良ければ症状が改善する程度のものだということです。

3万円を払って、当たればラッキーという面があります。

しかし、できるなら、やらないよりやった方がいいでしょう。

その他にも、色々な検査について書いてあります。

読むとためになるし、予防医学・予防医療が将来、私たちの生活に与える影響を感じることができると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

最近、はまっていて夢中なこと。 ブログのカスタマイズ、HTML、CSS、Python、 Excel VBA、スープ、コーヒー、小説・実用書を 読むこと、エンタメ、ドラマ、映画、その他 いろいろと。