「コンビニ人間」

こんにちは。ネオマです。早くも、夏バテ気味で、調子悪いです。

今回は、芥川賞受賞作・村田沙耶香「コンビニ人間」のレビューです。

タイトルから考えると、なんかびっくりするような感じです。

コンビニのアルバイトの人間模様です。とても読みやすいです。

コンビニのシステム化された雰囲気に沿って、主人公も自分という

人間を取り戻していくところが、面白いです。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    最近、はまっていて夢中なこと。 ブログのカスタマイズ、HTML、CSS、Python、 Excel VBA、スープ、コーヒー、小説・実用書を 読むこと、エンタメ、ドラマ、映画、その他 いろいろと。