「容疑者Xの献身」

東野圭吾の直木賞受賞作。

福山雅治主演ドラマ・ガリレオシリーズ。

とある数学教師が、愛する人のため

人生をかけた難問を出題する。

警察でも解明できない事件。

ラストシーンの無念さ。

面白い、是非、一読を。

1 個のコメント

  • ドラマでは、柴咲コウが刑事役だったが、小説では、男・刑事だ。また、福山雅治は数式を書いて、事件を解決に導くが、小説では直観で真相を見抜いている。巧妙なストーリー展開が読んでいて、斬新だ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    最近、はまっていて夢中なこと。 ブログのカスタマイズ、HTML、CSS、Python、 Excel VBA、スープ、コーヒー、小説・実用書を 読むこと、エンタメ、ドラマ、映画、その他 いろいろと。